調査相談(レファレンスサービス)

調査相談(レファレンスサービス)とは

仕事や日常生活、研究のうえで何か調べものをするときに、必要な資料や情報を入手するお手伝いをするサービスです。

一般的な質問は調査相談カウンターで、大分県に関する事は郷土情報カウンターで受け付けしています。電話、FAX、手紙、メールでも結構です。宿題、クイズの解答、法律相談などにはお答えできませんが、調べもので困ったときには、お気軽にご相談ください。(調査相談でお受けできない質問

これまでお受けした相談の一例(レファレンス事例集)

調査相談カウンターのご利用時間

調査相談コーナー

ご利用時間
  • 月曜日〜金曜日 9時〜20時
  • 土曜日・日曜日・祝日 9時〜17時

図書館が休館しているときはご利用になれません。

電話番号(代表)

097-546-9972

FAX番号

097-546-9985

 

調査相談コーナーのご紹介

調査相談資料

調査相談資料

約14,000冊の資料(調べもののための資料)があります。目録、百科事典、各分野の事典・便覧・ハンドブック、地図、法令集、統計、辞書などです。このコーナーの資料は調べもののために常備している資料なので、館内利用のみとなっています(貸出できません)。

 

閲覧席

調査相談資料(赤色「館内」ラベル付き)専用閲覧席を24席備えています。

データベース

  • 朝日新聞記事データベース聞蔵Uビジュアル(1879(明治12)年〜記事/人物情報/歴史写真など)
  • 日経テレコン21(1975年〜 日経4紙の記事/企業情報など)
  • 西日本新聞データベースPAPYRUS(1989年〜)
  • CiNii(サイニィ):NII学術情報ナビゲータ(学術論文情報)
  • magazineplus(1945年〜 雑誌紀要見出し)
  • 医中誌Web(医学論文情報)
  • 官報情報検索サービス(1947年5月3日〜 全文)
  • whoplus(人物情報)
  • Lexis AS ONE(1895(明治28)年以降の各裁判所の判例と法令)

CD-ROM

  • 大宅壮一文庫雑誌記事索引(大衆紙の記事見出検索)など

国立国会図書館デジタル資料

デジタル化資料送信サービス
 国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料(図書・雑誌・博士論文)について、大分県立図書館で閲覧及び複写ができます。
<利用条件>

大分県立図書館の登録利用者であること。

<利用料金>

閲覧:無料 複写:1枚10円(白黒・A4のみ)

<複写について>
  • 著作権法による範囲内での複写となります。
  • 複写作業は当館職員が行います。
  • 複写枚数が多い場合や混雑時は、複写物のお渡しが後日になることがあります。予めご了承ください。
歴史的音源(れきおん)
 「歴史的音源」とは、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)がデジタル化した、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP 盤及び 金属原盤等に収録された音楽・演説等の音源です。
 落語、長唄、楽曲(ギター、琴、尺八等)、歌劇、浄瑠璃(義太夫節、清 元節、常磐津節)、浪花節、歌謡曲、講演、ジャズ等、様々なものが含まれています。

パンフレット(PDF:510KB)

データベース、CD-ROMをご利用の際は、調査相談カウンターにお申し込みください。